那須岳


   
人間肉体の産み親神  宇宙を御支配下さる元親神様 人間創造人間魂の産み親神 
 おうかんみちとは、人間がつけたみちではなく、元親神様が直々にお付けになられた名称であり、道に例えたならば大勢の人々が共に歩める広く大きな道を現し、全人類が心勇んで歩む道なのであります。
 【それまでにほそみちつけておいたのも、きょうのおうかんみちをみとうて】(地二−28)と仰せられておりますように人間の成人に応じて、幾多の聖人、賢人、教祖たちの数多くの宗教をもって人間が心を汚さないよう、教え導かれましたが、これらすべて各道具の神々一柱の教えであり、この信仰を細道と例えており、おうかんみちはすべての神々を統率する元親神様、十天上王神様がつけられた天の大道なのであります。この神々を総称して 『三社三棟の親神様』と申し上げております。なぜ、神様を親と申し上げるかと言いますと、この世の形が定まっていない遠い昔、この世界をご覧になり、大変味気なく思い、そこで人間というものを拵えて、その互いに助け合い陽気に暮らす様を見て、共に楽しもうと思われ、人間をお創り下されたのであります。ですから、全人類は全て神の子供であり、神は生みの親、 育ての親なのであります。親神様は、私達人間に「人間の真の目的」を御説き下さり、身上、事情に悩むかわいい人間子供達の悩みと魂をお救い下さるために、甘露台様を通し天の食物「甘露水」をお授け下されております。 甘露水を頂きますと入込社となり、胸内に親神様がお住いになり、人間の心をお育て下されるのであります。そして心を立替えることによって、天の不思議自由用を親神様よりお貸し頂けるの であります。


copyright(c)2002-2017 宗教法人おうかんみち.All rights reserved. 〒325-0001栃木県那須郡那須町高久甲4453-58 0287-62-3156